Top > 葉酸サプリ > 葉酸の摂取は厚生労働省が推奨!

葉酸の摂取は厚生労働省が推奨!

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

 

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。

 

こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

 

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。

 

厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。

 

それでは、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

 

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天的な障害を発症しやすくなると言われているそうです。

 

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、摂取をお勧めします。妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらはカフェインが含有されていませんので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

 

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

 

葉酸はサプリでの摂取が手軽!妊娠後期も必要です!

 

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸の摂取は厚生労働省が推奨!葉酸の摂取が必要な期間とは?葉酸の効果への注目が集まっています!葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれる!妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸について。葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素!不妊体質を改善するためには?妊婦にとって重要な栄養素である葉酸!妊娠を望む方や妊活中の女性にとって重要視することは?