Top > 脱毛 > 脱毛サロンとクリニックの違いとは?

脱毛サロンとクリニックの違いとは?

脱毛サロンとクリニックの違いで多い意見が、光脱毛を採用している脱毛サロンが殆どで、クリニックではレーザー脱毛です。脱毛の効果としたら、レーザー脱毛の方が効果が優れていますが、痛みが強いですし、お値段も高いです。

 

それに、クリニックと言っても、必ずしも安全ではありません。

 

永久脱毛とはどういう仕組みで施術されているのかというと、レーザーなどの機械を使って毛根や毛に含まれているメラニン色素というものにエネルギーを加えて、毛を作り上げる組織を壊し、永久に毛が生えないようにする方法です。レーザー脱毛以外にニードル脱毛という方法がありますが、近頃は、レーザーが主流になっています。どちらにしろ毛を作る組織を壊してムダ毛が生えないようにするというものなのです。結局のところ脱毛サロンへは何回くらい通えばいいのかと言うと、一つの部位に6~8回程度かかるのが一般的でしょう。

 

また、一度処置をうけた部分は約2ヶ月の間隔をあけてからでないと次の処置を受けられませんので、脱毛を完了させるには1年以上かかってしまいます。いろんな部位を効率よく脱毛していくのなら、複数部位の施術を同時に受けていくのが良いです。

 

だからといって、焦って全身脱毛の契約を結んでしまうというのは手間と金額を考えるとどうでしょうか。一度よく検討してから申し込みましょう。

 

【神戸でメンズ髭脱毛】おすすめのサロン&クリニックランキング!

 

脱毛

関連エントリー
脱毛サロンとクリニックの違いとは?妊娠中の脱毛サロンの利用は?脱毛サロンでのカウンセリングについて。脱毛サロンを掛け持ちするのもあり!ローンや前払いといった支払い方法の脱毛サロンは多い。