Top > 雇用契約書に業務内容を記載するときのポイント

雇用契約書に業務内容を記載するときのポイント

雇用関係が成立した場合には使用者と従業員との間で雇用契約書を交わすことになりますが、その場合業務内容を記載するケースが殆どです。 そのメリットとして挙げられるのが業務内容を明確にすることが出来ると言う点で、それによりトラブルが発生した時でも上手く対処することができます。 約束していたことと違う仕事をやらされることになったと従業員が訴えるケースが増えていますが、雇用契約書に業務内容を記載しておけばどちらの言い分が正しいか直ぐに分かってとても便利です。

雇用契約書のテンプレート販売

関連エントリー